北足立郡市医師会について

会長ごあいさつ
北足立郡市医師会会長

 北足立郡市医師会は鴻巣市、北本市、桶川市、伊奈町の3市1町に開設された医療機関に働く医師によって構成された医師会です。約110年前に創立され現在の会員数は約290名です。診療所約140、病院13(埼玉県立がんセンター、精神医療センター、北里大学メデイカルセンター、済生会鴻巣病院等)の医療機関があり、お互いに病診連携、診診連携、病病連携を行い、この地域約30万人の皆様の健康、福祉、安全の保持を願って活動し、学術講演会等を開催しています。
 当医師会に所属する鴻巣市医師会と桶川北本伊奈地区医師会はそれぞれに准看護学校を運営し、地域で働き、役立つ准看護師を養成しています。また今後来る超高齢化社会に備えての地域包括ケアシステムの一環として両地区に在宅医療、介護を支える訪問看護ステーションを設置し、同時に会員が登録していつでも誰でも安心して在宅医療が受けられるよう在宅医療連携センターも併設してあります。特にがんセンターとはがんの早期発見、早期治療の病診連携だけでなく終末期のホスピスケアの在宅医療に関しても密に連携を行っています。
 これから増加する認知症に関しては済生会鴻巣病院を拠点として各行政単位で早期発見、早期治療、ケアを行うため医師だけでなく多職種との連携を深めるための講演会等を開催し、認知症ケアネットの構築を行っています。脳卒中の早期発見早期治療、回復期リハビリの充実、在宅ケアへの移行の病診連携の強化、糖尿病の重症化対策への取組みとして会員の平準化を図るため年数度の学術講演会等開催しています。また学術委員会の中に整形外科医会がありその専門性を生かして学校保健の運動器疾患の検診を学校医と協力して行っています。
 一次、二次、小児夜間救急医療の充実、予防接種、特定検診、がん検診の充実と広域化、災害医療への備え等、3市1町の各行政と一緒に協力連携をますます緊密にしたいと考えています。

北足立郡市医師会会長 内田 治


鴻巣市医師会会長

 鴻巣市医師会は北足立郡市医師会に所属しています。現在会員数106名,59医療機関(55診療所及び4病院)で構成され,鴻巣市民12万人の方々,さらに周囲市町村の住民の方も含め広く健康を維持するためのお手伝いをさせていただいております。
 各医療機関は日常診療に始まり乳幼児健診,各種予防接種,学校医による学校保健,成人健康診査やがん検診,介護認定審査会等様々な活動を行っております。
 また訪問看護ステーションや准看護学校も運営しており,今後訪れる高齢化社会に対して訪問診療の充実を図るとともに看護師不足の解消にも努めております。
 さらに,平日夜間や休日に市民の皆様が不安にならないように夜間診療所への医師派遣と休日当番医制により医療の空白日がないように体制を整えております。
 今後も私たちは,市民の皆様に良質かつ最新・最良の医療を提供できるように日々勉強を続け,病診連携・診診連携で皆様への便宜を図っていく所存です。

鴻巣市医師会会長 山口 修二


桶川北本伊奈地区医師会会長

 当地区医師会は、桶川市、北本市、伊奈町の93医療機関、185名(平成30年5月1日現在)の会員で構成されています。この中には北里大学メディカルセンター、県立がんセンターなども含まれています。この二つの大きな医療機関と、より良い医療を目指して定期的に情報交換会なども行っています。
 さて、地区医師会の事業ですが、まず地域の医療環境を整備するために准看護学校を運営、現在約70名の学生が准看護師を目指し勉学に励んでいます。
 また、高齢社会の到来により、年々要望の高くなる在宅医療に対応するため、24時間体制で看護サービスを提供する訪問看護ステーションも開設しています。特に2025年までには本地域も75歳以上の後期高齢者が急増し、医療のニーズの大幅な増加が見込まれています。人生の最期を住み慣れた自宅で迎えたいとの希望に応えるために訪問看護ステーションに在宅医療連携センターを併設いたしました。
 また、桶川市、北本市、伊奈町からの委託事業として特定健診をはじめ、休日当番医、小児初期救急当番医、各種がん検診、乳幼児健診、各種予防接種、学童検診などを受託しています。中でも特定健診は、2市1町とも県下でトップクラスの受診率を誇っています。また、学童検診のうち、脊柱側弯検診は整形外科医が直接検診する方法は全国でもあまり例がないようです。
 これからも病診連携、診診連携、また、行政との連携も図りながら、健康で住みよい地域を目指して頑張ってまいります。

桶川北本伊奈地区医師会会長 山田 憲次


医師会概要
  • 名称北足立郡市医師会
  • 会長内田 治
  • 所在地〒364-0014 埼玉県北本市二ツ家 3-183
  •  TEL:048-593-1582